不良主婦の不定期日記。パンダ、手芸などなど気まぐれに。 最近は石けん作りに夢中でふ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、【緊急! 被災地の子供達へ贈る「スクールバッグ」制作のご協力をお願いします!】企画をご紹介しましたが、やはり子供たちだけでなく、避難されている大人の方でも私物や大事なモノを入れるバッグがなくて困っている方が沢山おられるようです。

個人の方が主催ですが、大人向けの(特におじいちゃん&おばあちゃんへ)手作りバッグを贈ろうという企画を立ち上げた方がいらっしゃいますので、こちらもご紹介いたします。
あっしも今回も参加するつもりでおります。


Gran-Bag プロジェクト
詳細はHPを参考にしていただきたいですが、募集されているのは、かいつまんでご紹介すると、

①津波ですべてをなくしたおばあちゃん・おじいちゃんたちに「手作り手さげバッグ」
(ゴミ袋にものを入れているそうです)
②バッグを入れる紙袋(バッグが入る大きさ、きれいな状態であればショッピングバッグOK)
※1枚1枚紙袋に入れて渡します(避難所要望)
③励ましのメッセージ
(バッグのなかに添えてください)
④歯ブラシ
子供用・大人用(ふつう&やわらかめのみ)1本でも助かります!
⑤タオル
新品のみ(色、サイズ問わず。厚さは特に問いませんが、薄手がお年寄り向けでしょうか)

とのことです。

詳細は、Gran-Bag プロジェクトさんのHPでご確認下さい。↓
http://ameblo.jp/handmadetotebag/
スポンサーサイト
先日お知らせした、日本手芸普及協会さん主催による
【緊急! 被災地の子供達へ贈る「スクールバッグ」制作のご協力をお願いします!】企画に賛同してスクールバッグを作成しますた。



マニュアルではキルティング布推奨だったのですが、うちには無地の地味~なキルティング布しかなかったので、それは裏地にして表地にはカラフルなプリント柄を使用しますた。




裏にはポッケをつけて、ひとことメッセージカードも添えますた。



ところで、うちには女の子向きのプリント柄しかなかったので男の子向きのバッグも作りたいな~。どうすんべ?と思ってたところ、ネットショップの布もようさんがメルマガで、「この企画に賛同してバッグを作ってくださる方に素材を無料で提供します」とお知らせして下さったので(※現在はすでに募集終了)早速応募。快く男の子用の素材を含めた10個分の素材を提供していただきました。本当にありがとうございます!



こちらは作っているうちに締め切り間近になってしまったので、作成時間短縮のためロックミシンを多用しますた。



今回のこの企画、当初は1000個のバッグを募集していたのですが、数日で海外も含めて、何と5万個以上のバッグがあっという間に集まったそうです。素晴らしい!
ただ、あまりにも予想以上にバッグが送られてきたため、日本手芸普及協会のスタッフさんだけでは作業の手が足りなくなってしまい、開封&梱包作業がかなり大変に。
しかしながら、バッグを作成された方やそれ以外の方からも沢山のボランティアの応募があり、連日みなさんが作業して下さったおかげで、4/16現在、何とか作業のピークを越えられたようです。
あっしもバッグを直接持込したついでに、昨日短時間ですがお手伝いしてきました。みなさんとても可愛く丁寧に作られていて感動しました!
ここで追記です。このボランティア企画は、スクールバッグとしてランドセルや勉強道具すら失ってしまった被災地の子供たちへのプレゼント企画として立ち上がりました。しかし実際にバッグを配ってみると、喜ぶ子供の横でおばあさまが感謝の涙を流しながらも「もし余裕があるのなら、本当は私もその袋をいただきたい」と言われたそうです。
そりゃあそうです。きっと着の身着のまま避難されたのでしょう。大事なものやちょっとしたモノを入れるバッグすらない大人の女性もいるはずです。そこで日本手芸普及協会としては、「“被災地のお子様のため”という募集なので、お子さんを優先させていただきますが、必要とされる方にもお渡しさせていただきたいと考えております。何卒ご理解いただけますようお願いいたします。ボランティアの方にも相談したのですが、お子様用のメッセージが入っていても、趣旨がわかっているため、大変うれしいとのことでした。」ということです。 賛成賛成!

ハンドメイドをする方なら判ると思いますが、みんな自分の作品には愛情と思い入れがあるものです。それが世界中から5万個も集まったのです。そしてそのひとつひとつが本当に必要とされている方に届けられるのです。
ハンドメイドを愛する者として言えます。ここには手作りの本当の喜びがあると思います。

この企画の経過報告は「日本手芸普及協会」のサイトをご覧下さい。
http://www.jhia.org/info/
※4/6時点での日本手芸普及協会さんのHPでの最新情報です。↓
「おかげさまで、目標の1000枚に達しました。引続きお受けいたしますが、新たな呼びかけはSTOPお願いします。」とのことです。 詳細はhttp://www.jhia.org/info/でご確認下さい。


日本ヴォーグ社のメルマガ「手づくりタウンだより」より
緊急! 被災地の子供達へ贈る「スクールバッグ」制作のご協力をお願いします!
【4月15日まで目標1000個】
というお知らせが来ました。

私も倒壊したミシン部屋から布発掘して協力するつもりです。
どうか、ハンドメイド好きのおばさま&おねえさま&おにいさま、被災地の子供達へ手作りのスクールバッグをプレゼントしませんか?
とりあえず第1弾は4月15日締め切りだそうです。

詳細は↓の「日本手芸普及協会」のサイトをご覧下さい。
http://www.jhia.org/info/

送り先・問い合わせ先 〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町3-23 ヴォーグビル8F
(財)日本手芸普及協会事務局
TEL: 03-5261-5096  FAX:03-3269-8725
E-mail office@jhia.org

持ち手はぢつは100均で買った竹製の急須用のツル~。裏の竹模様生地とリバーシブルです。えへへ。
ああ。また更新サボり杉。
もうちょっとマメにならねば…。

で。気をとりなおして。
今年結婚したお友達のMちゃんに贈ったバッグでし。↓



反対面はこんな感じ↓。



Mちゃんはミュージシャンで派手可愛いものがとても似合う人。リスとバラのモチーフが大好きというMちゃんのために、布や飾りもリス&バラづくしにしてみますた。

20090622194121d73.jpg 20090622194114a16.jpg
20090622194059864.jpg Image133.jpg

古布探したり、自分で作った画像を布にプリントしたり、柄にこだわったので、布合わせにちょっと時間かかっちゃったけど、作ってても楽しい作業ですた。

Image189_20090622200923.jpg Image190.jpg

ちなみに、↑のキューピーがリスの着ぐるみ着てるマスコットはこの本を参考にして作りますた。他にも可愛いコがいっぱい載ってたのでまた作りたいっす。


●キューピーおめかしbook
大きいサイズのがまぐちバッグが作りたくなったので、その練習のために、ずっと以前に購入したままほっぽってあった普通のお財布用がまぐちの口金でポーチを作ってみますた。


これ作る前にネットを検索しまくって、マチ付がまぐちの作り方を調べて2パターンのサンプルを作ってみてバランスを検討。口金に型紙がついてなかったので、口金に合わせて型紙も作りました。
Image163.jpg Image176.jpg Image177.jpg

今回はとりあえず、底側をマチにする一体型の方法で作ってみますた。表と裏で色違い。↓
う~ん。ちょっとカクカクしすぎかなあ?マチを別布にしたほうが、コロンとして可愛かったかも。
Image178.jpg Image181.jpg
Image185.jpg

ちなみにこのぬりえ模様の布は、家庭用インクジェットプリンタでプリントできる特殊布に自分でプリントして自作。「きいちのぬりえ」とか「まつおのぬりえ」とかの画像使ってみますた。


●生地タイプ のりなし A4判 ノーカットエーワン 30503 布プリ生地タイプ のりなしA4判 ノーカット

本番用には、楽天の手芸屋さんで見つけた特大サイズのがまぐち用口金を使います。↓
幅が32センチもあるのだ!持ち手もつけてショルダーにするつもり。どうかうまく出来ますように…。


●在庫限り!がま口金/大きめサイズ/W32cmxH16cm
今まで何個かエコバッグ作ってきましたが、荷物の状況によっては肩にかけたいなあ、と思うときもあり、持ち手の長いタイプを作ってみますた。



表側にもポケットが欲しかったのでファスナーで開け閉めできるように。



肩から提げた時に袋の口がパカパカしないようにマグネットボタンもつけてみますた。




ここんとこブログも放置気味でしたが、ぼちぼちヤヴァげなPCが完全にオシャカになる前にと、思い切って新しいパソコン買っちまいました。 できるだけ早目にパソコンの中身の入れ替えしなくっちゃ~。
8年ぶりにMacユーザに戻ります。つうってもWINDOWSが走る環境のiMacなので普段はWIN環境ばっかで使いそうなヤカン(汗)。
姪っ子の8歳の誕生日用にバッグを製作。
前から作りたかった筒型円形ボストンに挑戦してみますた。



職業用ミシン導入してから初めてのバッグ作り。
パワフル・ミシン+縫いにくいモノもスイスイ縫えるアタッチメント(JUKI専用上送り押さえ)のおかげで、腕のないあっしでもストレスなしで分厚いマチ部分も縫えますた。すげ~(自画自賛)!

先日北海道に遊びに行ったときに、去年贈ってあげたDSポーチを愛用してくれてたので(オバちゃんうれしかった(泣))、そのときの生地とお揃いにしてあげました。
ピンク色の可愛いものが大好きなお嬢なので、レースもつけてフリフリに…。

tutu02.jpg tutu03.jpg

さすがにオバちゃん自分用にはこんな可愛いの持てないけど、乙女ちっくなモノは作ってるだけで楽すぃ~っす(心が暗黒でもね(笑))!
12月生まれの姪っ子(誕生日で11歳)に、誕生日兼クリスマス兼お年玉(年末年始生まれの人ってみんなそうらしいね(笑))つうことでDSのゲームをおねだりされますた。

ってことで。ポチッと買ってあげますた。


NDS ワンタメミュージックチャンネル どこでもスタイル《発売済・取り寄せ品》

んで。これはゲーセンとかにある、カードをスキャンして遊べるゲームのDS版(大ヒットした「ラブandベリー」のワンコ版らしい)ってことで、ソフトと一緒にカードリーダーもついてるもの。

ヤツラ姉妹(妹7歳)は、「ラブべり」の方も持ってるし(そういえば、これもあっしが買ってあげたんだった)、先日もゲーム機どっかに置き忘れたとかで、母であるうちの妹大激怒事件とかあったらしいし(結局、お友達のうちのおもちゃの収納ケースの中に入れたのを忘れていたらしい(笑))、持ち歩きできるポーチを姉妹お揃いで作ってあげることにしますた。
そんで完成したのがコレ。



試作なので難しいことはせずに簡単に…。そう思って今回も、Boo's ShopのBooさんのところにあるサニタリーポーチの型紙をお借りして、それをカスタマイズ。
開くと、DS本体とカードリーダー、タッチペンとソフトが何枚か入るように工夫してみますた。

DS-2.jpg DS-3.jpg

うちにはDSがないので、一応姪っ子にメールでサイズ聞きつつ任天堂のHPでスペック調べて、ダンボールで本体と同じ大きさの型を作って合わせてみますた。ちゃんと入るといいな。
まあその前に、選り好みの激しい小学生女児2匹が使ってくれるかどうかわからんが…(笑)。
以前から計画していた、ビニールコーティングされたプリント地で裏地なしのエコバッグを作ってみますた。



いつものように型紙はBoo's ShopのBooさんのところからお借りしますた。今回は大きいサイズの方でチャレンジ。
裏地なしなので、持ち手の部分を断ち切りにして水玉布でバイアス作って縫込みますた。
難点をいえば、布地が厚くてしっかりしすぎて折りたみづらいことと、中身が入ってない状態だとハンガーに掛かった洋服状態(わかるよね(笑)?)で持って歩いてる姿があんまし可愛くない。少し重いし。でも荷物が多い買い物のときには結構使い勝手は悪くないっす。

今回も持ち手のカーブ部分をカットしたときのハギレをポッケにしますた。



このポケット作戦はなかなかいいかも。
接着芯付のバイアス簡単に作れるテープメーカーも欲しいな。


●テープメーカー
ここんところ最近、ミシン出した勢いでお裁縫ウィークになっておりまして、アレやコレやでプレゼントの予定なども色々あることもあり、久々にまとめてエコバッグ作ってみますた。

eco200710-1.jpg eco200710-3.jpg
eco200710-5.jpg eco200710-7.jpg

ずっと放置してあったロックミシンの試し縫いもしてみたくて、実験的に厚めの生地の一個だけ(キノコのやつ)裏地なしでロックかがりを駆使してみますたが、やっぱ裏地ある方がいいな~。キノコのは自分用にしようっと。

eco200710-4.jpg

今回は持ち手のカーブのところを断裁したときに出るハギレをポケットに利用してみますた。なかなかいいかも~(またまた自画自賛(笑))!

eco200710-2.jpg

布フェチなので、ちょっと可愛い柄があると1m単位でバンバン買ってしまうのでうちには布の在庫が山盛り。でも迷って買わなかったりすると二度と手に入らないことが多いのでついね…。
エコバッグは1m前後幅がある布だと、約50cmもあれば一個は作れるので(すっごい大雑把だけど1m×50cmで足ります)、ハギレ消費には丁度いいっす。ちょっとハデな柄でも可愛いしね。

型紙は、またまたBoo's ShopのBooさんのところにあるPDSファイルを利用させていただきますた。毎度ありがとうございます。

カバンごとに突っ込んでおいてどこでも利用できるようにしたいので、今後もまだまだ作っていきたいと思いまふ。
そして、このバッグの一部はアレやコレ用にもしようと思ってますので関係各位はお楽しみに~。ぐふふふふふ。
ここんとこ数日、久々に布とミシン引っ張り出してお裁縫に没頭しておりますた。
ダンナのお友達の誕生日プレゼント用に、石けんとQPバッグをリクエストされたのでシコシコ拵えておりますた。 QP金魚

そんで出来上がったのが、こんな感じ。

akaqp2.jpg akaqp1.jpg

カバンの中にも入れられて、お財布とか携帯だけ入れられるポーチサイズ。自分でも黒いOPバッグ持ってますが、大きさ丁度良くて結構重宝してまふ。

中とサイドはこんな感じ。

akaqp3.jpg akaqp4.jpg

QPバッグも4つ目だけど大分慣れてきたかな。今回は赤&茶系にしてみますた。裏面のクレイジーキルト風のパッチワークもなかなか可愛く出来て気に入りますた(自画自賛(笑))。自分用にもまた作ろうっと。
お嫁入り先でも気に入ってもらえるといいな。
最近、おされなエコバックが沢山売られてますよね。うちもスーパーなどにお買い物に行くときは、なるべく袋をもらわなくてすむように大き目のトートバックを持っていっていますが、あのスーパー袋と同じ形をした、おされなヤツが欲しくて自作してみますた。

しばらくミシンを使っていなかったので糸の調整に時間がかかっちゃったけれど、基本的にはサクサク縫えて短時間でできました。布のカットに一番時間がかかってるかもしれん(笑)。広い作業台がほしいよおおお。

ネットで作り方を公開してる方がいらっしゃったので、そこを参考にさせていただきました。>>Boo's ShopのBooさんのところです(他にもステキな小物やバックの作り方などが沢山紹介されています)。

型紙は本物のスーパー袋で、濡れたもの入れてもいいように裏地はナイロンにしてみますた。これだったら複数作って、カバンや上着のポッケに入れて持ち歩いたりプレゼントにもいいかもね。

※Booさんに許可をいただいたのでサイトへのリンクを追加しますた。


eco1.jpg eco2.jpg
石けんに夢中なのと、あまりの暑さのため最近ミシンにさわってないなあ。ぼちぼちまた新作バッグも作らねば。ってことで、夏が来る前に作って最近愛用してるミニQPバッグ。お財布とちょっとしたものくらいは入るので、近所に買い物いくときとか重宝してまふ。

20060912022023.jpg 20060912204515.jpg
去年あたりからバッグ作りに夢中なのですが、フェルトバッグとは別に古布リメイクのバッグ作りも楽しいです。そのきっかけになったQPバッグです。

毎年年末の12月と年が明けて1月に開催されている世田谷ボロ市という有名な骨董市があるのですが、これが超近所なので毎年行っています。着物から陶器や民具、カメラやアクセサリー、西洋アンティークや昔なつかしのフィギアまで何でもありのフリーマーケットで、近所の商店街がこの日だけは全国から集まった骨董商の人たちのお店で埋め尽くされて、それはそれはにぎやかなお祭りになります。

元々古いものやレトロなものが大好きなので、買い物するしないに関わらず、いつも行っていました。そこでたまたま、きれいな柄の古着の着物を見つけたので、世間で着物リメイクの手芸が流行ってることも思い出して、高校生以来することのなかった裁縫をしてみようかと思いつきました。その着物から取った古布とこれまた大好きなQP人形を組み合わせて、かなりキッチュなバッグを作ってみました(赤いやつ)。これが割とうまくいって自分でもかなりお気に入りなので、今度は可愛いレトロ布を組み合わせて妹の誕生日プレゼント用にも作ってみました(水色の方)。そのうちQP以外のものも入れて作ってみようと思ってます。


20060222165857.jpg 20060222165913.jpg
20060222165939.jpg 20060222165950.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。