不良主婦の不定期日記。パンダ、手芸などなど気まぐれに。 最近は石けん作りに夢中でふ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノギス工場ZZのノギスさんと石けんを交換させていただきました(紹介するの遅くなってゴメンね~)。

ノギスさんとはお互いにコメントやり取りしたり、彼女が主催している「おいしそうな石けん」交換会に参加させてもらったりして仲良くしていただいております。
それと、同じ北海土人(笑)ということもあって、あっし的に勝手に親近感を抱いておりました。

ってことで、じゃ~ん!!




もうもうステキすぎてツボ入りまくりなラッピング。しかも、この石けんセットは、なんと「Bombay Times」(インドの新聞ね)に包まれて我が家にやって来たのでした。もう、こういうセンス大好きです。シンプルな包装なのに、ポップなプリント紙が貼ってあったり、可愛らしいハンコが押してあったり、超個性的ですっげ~カッコ良くて可愛い!そして、手描き文字とプリント文字のバランスがいいんだ、コレがまた。ノギスさんって、本当にアーティストなんだな~と感激しますた。

んで、中身も拝見~。




左からご紹介。

【TS No.0】キルビル模様だよ!!かっくいい~!!トラックスーツ&オニツカタイガー万歳!!湯の花入りなので使い心地が楽しみ~。

【おうまーぶる】交換していただけるきっかけになった石けん。ノギスさんといえば型抜き石けんの埋め込みです。北欧ちっくで可愛い~。マーブルもきれい~。茶油は初体験です。ちょっと甘い爽やかな香り。

【お台所石けん2】このゾウさんの形可愛いな~。なんとドイツの砂型らしいっす。砂型ってプラスチック製の固いのが多いけど、きれいにツルンと出てる~。

左下→。

【杏仁豆腐石けん】前回の「おいしそうな石けん」交換会用にノギスさんが作られた石けん。精油使ってないのにすっごいいい香りがします。皇杏をホワイトリカーに漬け込んだエキスを使用されています。今度精油とかFOなしでこういういい香りの石けん作ってみたいな。

【宇宙土産エイリアン】ぷぷぷ。こういうネーミング・センスも大~好き。包装紙に使っているレトロなロケットの切り抜きがかわゆい。はじっこ石けん丸めてコンフィにするのって可愛いし便利でいいよね。あっしもよくやってます。

【チーズ&ビスケット】北海土人ならなじみの深い六花亭。あの有名なマルセイバターサンドのレーズン抜きというレーズン嫌いにはとってもナイスなお菓子があるんですよ(あっしのことだあ(笑))。そのお菓子をモデルに作られた石けん。見た目も香りもとってもリアルです。




そして、そして。こんな北海道ゆかりのおやつもいただきますた。ごちそうさま~!!あ、あと、とっても愛らしいドイツの水玉折り紙もいただきました(コレは写真撮るの忘れてしまった。すまぬ)。

ノギスさん、本当にステキな贈り物ありがとう!!もし、夏のおいしそうな石けんで同じ組員になったらお互いの石けんまみれだね!それもまたヨロシ(笑)。これからも夜露死苦~~!!
スポンサーサイト
ノギス工場ZZのノギスさんが主催されている「夏のおいしそうな石けん」交換会用の石けんがなんとか完成しますた。






何も語るまい。
あの夏のことは…。


※詳細アップしますた↓

[「忘れたくて忘れたくない夏」セット]の続きを読む
昨日、toakonが
ダンナがチェロのレッスンをしていたアメリカ人の男の子の一家が帰国されてしまうので、その記念に物欲しますた。
とか書いてた?

*このエントリは、ブログペットの「らしらし」が書きました。
うわ~。ここんとこ、ちょっと石けん材料&道具買いすぎかも~(笑)。

先日もカワチヤさんでオイル沢山買っちゃたばかりなのに、またエッセンシャル・オイルを色々買ってしまった。
今回買い物したのは チープローズさん。
実は、初めて人から石けんのリクエストをもらってそれに使うためのEOが必要だったのだ。ダンナの大事なパートナーのバイオリニストさんから「ベチバーの香りがする石けんをずっと探しているんですがないんです~。お願いできますか~?」とのことだったので喜び勇んで挑戦してみることになったのだ。
でも、あっしの手持ちのEOの中にはベチバーがなかったので色々なネットショップさんを徘徊してみて、種類も多くて価格も破格のチープローズさんで買ってみることにした。そんで届いたのがコレ↓。



あまりに安かったので、他にも色々買ってしまった。今まで高くて手が出なかったネロリまで!(といっても希釈だけど)。使ってみて良かったら、他にも今まで手が出なかったローズオットーとかジャーマンカモマイルとかも買ってみようかな~。

ベチバー、かいだことがなかったんだけれど、こういう香りなのね~。
ちょっとティーツリーにも似ているかも。ティーツリーのスパイシーさを抜いてもう少し重みのある甘さを加えた感じ。あ、良くかいだらパチェリにも似てる。この甘さがポイントかな。でも好きな香り。なかなかいいね。
さ~て。どんな石けんにしようかな~?リクエストでは無色で~、とのことだったので、オプションなしで肌にいいオイルやSFでカバーした石けんにしたいな。soap


【追記】
※以下は、チープローズさんで販売されているベチバーの説明からの引用です(引用の許可いただきますた)。

【名前】 ベチバー
【英名】 Vetiver
【学名】 Vetiveria zizanoides
【抽出部位】 根
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 ハイチ共和国(※産地については仕入先が変更になる場合もあるそうです)
「ベチバーは抽出してから年々香りが強くなる精油として有名です。「安静の油」とも呼ばれ、それは深みのある スモーキーな土を連想させる香りがします。より色がダークなほど品質が良いとされています。 」(C)チープローズ
歯医者に行くついでに超久しぶりに 合羽橋へ。kappakao

うわあああああ!やっぱ、スゴイよ。合羽橋!シビれるぜ。かっぱの河太郎(会わなかったけど(笑))!ここは調理道具のディズニーランドやあああ!!
マジでここは1日中いても飽きません。お道具フェチだったり、ラッピング大好きな人には危険すぎます。お財布が(笑)!一歩足を踏み入れたら、楽しすぎておうちに帰れない地獄の一丁目です。

とはいいつつ、歯医者に行かねばならないので、今日は2時間ほどで撤収(泣)。まあ今日は本格的な買出しというよりも、目的品の目星をつけるために行ったので、今度は半日コースでリベンジじゃああ!!
それでも収穫はありますた。



ず~っと欲しかったシリコン・ファンタジーの型チョコファッション?がアウトレット品であったのですかさずゲット!ちょっと筋が入ってるところがあるためお安かったんですが、全然気にならず。それと多くのソーパーさん御用達の可愛いゴム製の製氷皿の新製品のま~く~(笑)の型くまもあったのでゲット。後はラッピング資材などをチェックしてきますた。

これらの品々はもちろん本来の目的には使用されません。ええ。すべて石けん用ですがナニカ…?

こうしてうちは石けんのお道具で埋もれていくのであった…。
ノギス工場ZZのノギスさんちで第二回「おいしそうな石けん」交換会が開催されます。
今回も懲りずに参加表明させていただきました。
今回のテーマは「夏のおいしそうな石けん」。前回作ったDouble 愛 Scream !!をこっちに取っておけば良かったとハゲしく後悔しつつ、ない知恵絞ってアイデア考えてみますた。

まだ途中ですが、これは今回使う予定の石けんの具です。しばらく乾燥させておいてから本格的に仕込みます(まだヤワヤワなので型出しできず)。
この先どうなるかはもうしばらくお待ちくだされ。



この第一弾仕込みと同時に、色々なソーパーさんのサイトで見ていて興味津々だった闇鍋石けんに着手しますた。これは、色々な石けん仕込む度に石けん生地をちょっとづつ取り分けて型入れしていって、長期間かけて1本の石けんを作ってしまおうというもの。色んな配合やオプションの石けんが少しづつ積み重ねられてどうなるかは完成後のお楽しみです。枠枠。



先日親知らずを抜いたのと、激しい首と肩のコリの相乗効果で、ここんところ頭から背中にかけての痛みがヒドイ。歯の痛みは治まったけれど、コリが全然解消されないせいですぐ頭痛がしてしまう。それでバンテリン塗りまくっていたら首の後ろがカブレてしまった。うわあああああん。サボリすぎてるジムのプールに行こうと思って水着も買ったのにい。直るまでプールもオアズケじゃ~!
冷蔵庫で眠っていた(笑)ドライトマトをザクザク刻んで入れてみますた。
水分はトマトジュースです。
レーズンとかドライフルーツはおおむね苦手なんだけど、これはおいしかった!
ほんのりとトマトの酸味がきいていてパスタとも合います。
難を言えば、焼き上がりのふくらみがちょっと足りなかったかな。

天然酵母+国産小麦の組み合わせは水分の量の見極めがなかなか難しいっす。これから暑くなってくるし、温度調整とかも必要になりまする。



きょうらしらしは、マッチするはずだったみたい。
春でtoakonとヤミがマッチされた!


*このエントリは、ブログペットの「らしらし」が書きました。
先日作った洗濯専用の鹸化率100%の石けん、ココナッツ80%石けんを使ってみますた。使用感は>>コチラ

そして、第2弾洗濯用石けんを仕込んでみますた。前回の反省点も踏まえて、今回はちゃんと型入れしてついでに苦手なマーブルの練習もしてみることにしますた。
石けんを作り始めたときの野望(笑)のひとつに、イタリアはフィレンツェが誇るマーブル模様の伝統工芸紙のような美しいマーブル石けんを作りたい!というものがありました。
ご覧になったことがある方も多いと思いますが、そのマーブルとは↓こういう模様です。これは数年前、レクター博士に憧れて(笑)、フィレンツェに遊びに行ったときに、アルベルト・コッツィというマーブル模様の用紙を使った文房具で有名なお店でゲットしてきたあっしのお気に入りです。



[マーブル練習道場その1]の続きを読む
初のナッツ入りパンに挑戦しますた。
つっても刻んだクルミをレーズン・ナッツ容器に入れておいて後はHBまかせですが(笑)。

粉は、ママパンさんで買った石臼挽の春よ恋100%でほんのり黒い粉です。↓コレですじゃ。

●[チャック袋]石臼挽国産小麦 春よ恋100(HJ-15) 2.5kg

通常は食パン焼くときに、2~5割混ぜると香ばしい食パンが焼けるということなので、全部この粉使うのにちょっとだけ不安がありますた。
でも普通のパン屋さんで買う黒パンより柔らかくてほんのり甘みのある香ばしいほろ苦さで、クルミともマッチしてヤミツキになりそうなウマさでした!
ちなみに、酵母はホシノ天然酵母です。


今度、他のナッツ系でも試してみよう~っと。
着物の古布でテディベアを作ってみますた。
ダンナがチェロのレッスンをしていたアメリカ人の男の子の一家が帰国されてしまうので、その記念にプレゼントしますた。
中綿に、ビャクダンっぽい香りのFOしみこませてアジアン・テイストで。
しゃ~なら~。また会えるといいね。
くま

toakonで、ダンナが処理したかったの♪
toakonと意識した。


*このエントリは、ブログペットの「らしらし」が書きました。
久々にぐるってみますた。

今回は、とっても汗かきなダンナのために泡立ちが良くてスースーする石けんを作ってあげようと思いそのためにレシピを考えてみますた。
いつもは特に文句も言わずに、あっしの強制石けん生活(笑)に付き合ってくれているダンナですが、人前に出る職種の上、やたらと着替えの多い現場が今年は長期続くので、その暑い夏をさわやかに乗り切ってもらうため、ダンナ愛用のサンタ・マリア・ノヴェラのコロンのシトラス系の香りを意識した香りにしてみることにしますた。

ポイントとしては、
●パーム核たっぷりで泡立ちよく。
●クリスタルメントールをいつもより多めでスースー。
●シトラス系の香りのブレンド。
●2ヶ月近く放置してあった月桃インフューズドひまわりオイルの処理(笑)。
Double 愛 Scream !! 石けん作ったときの色づけ用の濃い青緑の生地の処理(笑)。
ということを念頭に置きますた。

gc-3.jpg  ⇒後日整形しますた  gc-4.jpg
[シトラス・グリーン石けん]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。