不良主婦の不定期日記。パンダ、手芸などなど気まぐれに。 最近は石けん作りに夢中でふ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※結構前に作ったのだけれど、未アップだった石けんでふ。


アーモンド道場の実験の一連の流れで作った石けん。
ナッツ系オイル満載+杏仁粉入りのアーモンド石けん。強烈に杏仁臭がするとウワサのココナッツFOで香り付け。確かにかなりの杏仁臭。
ドット入りの方は、さらしあんで色づけした生地との2色流しであんこが乗った杏仁豆腐のイメージで。

ana-11.jpg ana-13.jpg

↑あずき入りぢゃない方にまで間違って「あんにんあずき」のハンコ押してしもうた(汗)。


[杏仁豆腐石けん]の続きを読む
スポンサーサイト
姪っ子の8歳の誕生日用にバッグを製作。
前から作りたかった筒型円形ボストンに挑戦してみますた。



職業用ミシン導入してから初めてのバッグ作り。
パワフル・ミシン+縫いにくいモノもスイスイ縫えるアタッチメント(JUKI専用上送り押さえ)のおかげで、腕のないあっしでもストレスなしで分厚いマチ部分も縫えますた。すげ~(自画自賛)!

先日北海道に遊びに行ったときに、去年贈ってあげたDSポーチを愛用してくれてたので(オバちゃんうれしかった(泣))、そのときの生地とお揃いにしてあげました。
ピンク色の可愛いものが大好きなお嬢なので、レースもつけてフリフリに…。

tutu02.jpg tutu03.jpg

さすがにオバちゃん自分用にはこんな可愛いの持てないけど、乙女ちっくなモノは作ってるだけで楽すぃ~っす(心が暗黒でもね(笑))!
らしらしは、子供へチンしなかった。
だけど、きょうtoakonは、ソープカッターっぽい判明したいです。

*このエントリは、ブログペットの「らしらし」が書きました。
おかむさきEO入りのマルセイユ石けん、やっと出来ますた。



年輪模様にしようとしてぼてぼてトレースで失敗(笑)。



こっちはドット入り。おかむさきEO単体のみなのにいい香り~。

[おかむらさきマルセイユ]の続きを読む
toakonの「リサイクル木型」のまねしてかいてみるね

虫の部屋の辺の石けん作りたいときやちょっとしたおかずに切れると一箱200~250グラムバッチで貼り合わせた木片板をカットするって寸法ですが大好きでゴシゴシこすってみよう。
いつも使っている100均糸になるのでちょっと前から石けん用に釘が打ってまふ(自画自賛)。先日、自分でも気に入って使用したので、木工用ボンドで、捨てられなくて石けん用の話題でも…!
お皿を作って使用したら、クッキングシート折って入れていまふ?
↓木型(底は石けん切るときやちょっとしたおかずになります。
ちょっと可愛いんで自分でカットするって寸法ですが打ってみよう!!
まだ使ってみますた木片板なので、捨てられなくて溜まる一方♪
先日、ノコギリでカットできる仕様にカラーボックス買ったら、それだと話したら、そこに切っている100均糸に入れている100均糸に釘がかまぼこがかまぼこがかまぼこ板を作ったら丁度いいな!!
まだ使っている100均糸に、それだと2種類。

*このエントリは、ブログペットの「らしらし」が書きました。
虫の話ばっかりだとアレなので、たまには石けん関係の話題でも…。

うちのダンナがかまぼこが大好きで、酒の肴やちょっとしたおかずには欠かせません。
そのせいで、かまぼこ板がいっぱい出ます。タワシでゴシゴシこすってきれいに洗えば形の揃った木片板なので、捨てられなくて溜まる一方。
そこで、ちょっと前から石けん用の木型(底なし、枠のみ)に利用していまふ。

kigata2008-1.jpg kigata2008-2.jpg

最初は4枚同じサイズの板を、木工用ボンドで貼り合わせただけだったんですが、それだと縦の辺の板が長くはみ出てラップかけるときや保温箱に入れるときに邪魔なので、ノコギリで半分に切って使用したら丁度いいサイズになりますた。
約5.5センチ×10センチ(高さは5.5センチ)の木枠になるのでちょっと小さめの石けん作りたいときに重宝しておりまふ。体積で考えると一箱200~250グラムバッチで丁度いい感じ。
生地流し込むときは、クッキングシート折って入れて底はラップかけてプラ容器のお皿を敷いてこのまま保温箱に入れてまふ。
お魚模様がちょっと可愛いんで自分でも気に入ってまふ(自画自賛)。

kigata2008-3.jpg

先日、自分の部屋の整理用にカラーボックス買ったら、梱包材に表面がツルツルの板が入っていたので、こんなのも作ってみますた。これもそのうち使ってみよう。↓

kigata2008-4.jpg



木型ついでにオマケ。
先日、実家に帰省したときに、日曜大工趣味の父に新しいソープカット台を作ってもらいますた。ちょっと幅広なヤツと2種類。

kigata2008-5.jpg kigata2008-6.jpg

いつも使っている100均糸ノコにワイヤー張っただけのソープカッターが硬い石けん切るときによくブチっと切れると話したら、釣り用の丈夫なテグスでカットできる仕様にしてくれますた。
板の底に釘が打ってあって、そこにテグスひっかけて隙間ガイドに沿って石けんをカットするって寸法です。
まだ使ってないけど、キレイに切れるといいな。今度石けん作ったらこれでカットしてみよう。
※虫嫌いな方、すんません。

昨日、うちのベランダのルッコラの葉っぱの上で見つけたヒトを今日明るいときに再び見つけて撮影してみますた。
う~ん。これはテントウムシか、それとも害虫のニジュウヤホシテントウの方だろうか?
とか思ってアブラムシ捕食してくれるかどうか試そうと、わざとアブラムシがいっぱいいる葉っぱの上に箸でつまんで異動させてたりしてたらどっかにいってしまった。ガーン!つつきすぎたかしらん。
でも一匹しかいないってことはないと思うので(幼虫がいたってことは卵が産み付けられてて孵化したってことだと思うので)、また見つけたら今度はいぢめないでおとなしく観察してみよう。

2008年boabonn6月-2 078


【追記】
その後ネットで「アブラムシの天敵」の虫を調べていたら、どうやらこれはテントウムシではなく、クサカゲロウの幼虫であることが判明。
クサカゲロウの幼虫も肉食でアブラムシを捕食するとのこと。どうりで観察してるとアブラムシをはっしと捕まえて、ちゅーちゅー体液を吸ってプイって捨ててるように見えた。
形もアリジゴク(ウスバカゲロウの幼虫)に似てるし。どっちにしても益虫だったので良しとしよう。


ベランダ野菜ガーデニングやっている方ならわかっていただけると思いますが、天敵といえば何と言ってもアブラムシです。
うちも例に漏れずやられて、ここんとこ2週間ほど毎日ティーツリーや竹酢液や牛乳攻撃してますが、なかなか成果は挙がっていません。
でも先ほど、ルッコラの葉っぱに見慣れないちょっとグロい虫さんが…。もしやこれは!テントウムシの幼虫?!
暗くなってきたのでよく観察はできませんでしたが、アブラムシをシャムシャム食べてくれるといいんだけど…。
きょう、職業用ミシンが発症するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「らしらし」が書きました。
ず~っと、古いオリンパスのデジカメCAMEDIA C-3040ZOOMを愛用しておりまふ。
これはこれで、古いわりにレンズもそれなりにいいので気に入っていて、長年愛用し続けていますが、立ち上がりが遅くてときどきイライラしたり、ハンドメイド作品など近距離で撮るブツ撮りがイマイチ自分のイメージ通りに撮れないなど不満もありまふ。

カメラおたくのダンナから「せっかくもっといいカメラうちにあるんだから覚えて使えばいいのに…」とずっと言われていたNikonのD70S
マニュアル機能がいっぱいついててフォーカスやら絞りやら色々いじらなければならないのでは?という苦手意識と、古くたって壊れていないモノを捨てるような罪悪感も手伝って今まで抵抗し続けておりましたが「でも石けんとかもっとキレイに撮りたいな~」って欲望の方が打ち勝ち(笑)、試しに練習してみることに…。

20080609180056.jpg 20080609175859.jpg
ほほう!
あっしのようなドシロートでもピント合わせそれなりに出来るようです(ってかカメラがやってくれてるんだけど)。
これがCCDがでかいカメラの優秀さってやつでしょうか。CCD大きいと絞りいじるだけで結構イメージ通りに撮れるもんなのね~(ってダンナの受け売りで本人よくわかってまへんが(笑))。

ちなみに、ダンナはこのカメラ本体買うときにレンズは別売りのヤツを買ってNikonとタムロン?のを付け替えて使っているようですが、その辺のことはあっしにはまだまだ未知の領域で脳がついていきまへん(笑)。
先日、遂に念願の職業用ミシンを手に入れますた。
買ったのは、JUKI 職業用ミシンSL-280EXです。
自分の部屋も工房モードにして、毎日いじくっていまふ。ぐふふ。

mi-01.jpg mi-02.jpg

以前から、自分で使っている、すぃーと・こっとんの布ナプキンに合わせて、替え用パッドをちょこちょこ作ったりはしていましたが、もし身近な人にオススメしてプレゼントしたくなったときに、可愛い柄やきれいな縫い目のものが作れるようになりたいな~。と思い、試作を始めますた。

nap-001.jpg nap-002.jpg

縫い方変えたりしながら、数パターン製作ちうだす。作りやすくて、きれいな縫い目、早く縫う方法。そして自分で実際に使用してみて問題ないかどうかチェック出来たら、またご報告しま~す。

ちなみに、あっしが使っていて、今回の試作品の型紙ベースにしているすぃーと・こっとんの布ナプキンはコレだす↓。


●1アイテム追加!【即日発送!レビュー数240件以上♪】布ナプキンはじめてセット★ピンク系★
らしらしはレシピがほしいな。
toakonもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「らしらし」が書きました。
千歳空港からの帰りがけに、久々に“石けん作りたい病”(笑)が発症するブツに出会いますた。



ファーム富田のおかむさきのエッセンシャルオイルとラベンダーの花びらです。千歳空港に売ってたの今までしらなかったYO~!
サンプルの香りかいだら、うおおおお!あっしが持っているラベンダーEOと全然香りがちがう~。いいにほいだYO~~!!
ってことで、花びらはオイルに漬け込んで、ラベンダーティーにもして、モティロンこのEO使って久々に石けん作ってみようと思いまふ。ぐふふ。
運十運年ぶりに札幌市円山動物園へ。

maruyama1.jpg
すっげーナツカシス!小学生の頃の遠足も中学生のときのデートもここにでした。

maruyama2.jpg maruyama3.jpg maruyama4.jpg
園内のふれあい動物コーナーは、べーべー&がーがー。マレーバクはじょぼじょぼじょぼじょぼ………。

maruyama6.jpg maruyama7.jpg maruyama5.jpg
オラウータンは展示の仕方が工夫されていて見ていて楽しかったっす。でもひとりぼっちでちょっと寂しそうでした。子チンパンは可愛かった。ぼっこ(棒)で上手に穴の中の蜜をなめていますた。そして…ゾウは昨年老齢で亡くなってからいないのでした。寂しいなあ…。


旭山動物園のように広くて活気のあるところと比較してみると、どうしても寂しい感じは否めない。財政難であるとも聞いているし…。ここだけの問題ではないけれど、地方の動物園を取り巻く環境というのは相当厳しいのだなあと、実感いたしました。
動物園は研究や繁殖施設であると同時にエンターテインメント施設でもある。そのどちらにも偏りすぎるべきではないと感じていましたが、自分が子供の頃に慣れ親しんだ古い施設の現状の厳しさに少し心が痛みますた。
これも人間が野生動物を身近で見たい、感じたいというエゴのツケのひとつなのだなあ。動物園を愛する者として、その責任はわしらにもあってずっとずっと見守っていかねばならんのだ、とことさら思いますた。
また来るよ~。


久々に来ました。ンマかったっす。東京にも戻ってきますた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。