不良主婦の不定期日記。パンダ、手芸などなど気まぐれに。 最近は石けん作りに夢中でふ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、オールド石けん&はじっこ石けんを使ってリバッチし、塩析して粉石けんを作ったと書きましたが、その詳細をご紹介いたしまふ。

すでに何人ものソーパーさんがチャレンジされていて、みなさんも記事にされているように、あっしもくまぐま☆なちゅのゆりくまさんのお鍋で簡単に塩析を参考にしてみますた。

いや~、コレ本当にいいよ!
今までオールド石けん&はじっこ石けんを使った塩析は何度かやりましたが、いつもペットボトルを使っていたんですね。でもペットボトル方式だと一度に沢山出来ないし、何度も冷蔵庫で冷やしたりしなければいけなくて時間もかかるし結構メンドクサくなっておりますた。
でも、お鍋でする方法だと500g以上でもいっぺんに出来ちゃうし(大きいお鍋を使えばたぶん1kg以上でもイケルでしょう)、とっても楽チンですた。

重ね重ね、ゆりくまさんには感謝です~!




※以下、長文のレポートになりまふ。



まず最初に、石けん削り技考察でも紹介しましたように一生懸命石けんを削るとこから始めます。
ピーラーやチーズ削り等を使って、リバッチしたときに石けんが溶けやすいように出来るだけ細かくしまふ。
指先まで削ってしまわないように軍手やゴム手袋などが必須です。
でも、あっしは今回横着して、電動スライサーを使って削りますた(笑)。コレ↓


●イワタニベジタブルスライサーあっとスライスS(かき氷プレート付)

今回は、削った石けん500gを使用しますた。



簡単に説明すると、この手作り石けん500g(平均けん化率90%)をお鍋に水と一緒に入れてトロトロに溶かし、けん化率100%になるように足りない苛性ソーダ水を足してホットプロセスでけん化を促進させ、塩を入れて余分なオプションなどを分離させる。そして炭酸塩を足して乾燥させた後、細かく砕いて粉石けんにする。という作業になりまふ。

以前にリバッチ&塩析したときに1.2kg分の石けんを使ったのですが、そのときに使用した石けんそれぞれの種類ごとにけん化率100%にするための足りない苛性ソーダの分量を計算しますた。そしてその平均値を出して、その数値を自分の石けんをリバッチ&塩析するときに必要なアルカリ量として使用しています。
あくまでも、あっし個人の手作り石けん用の数値ですが、石けん1000gに対して10.15g。それを基準にして計算して端数は切り上げます。洗濯用だし過剰油脂が残るよりアルカリ過多気味にした洗剤にしたいということもありますが、それ以前にうちのデジタルスケールが1g単位でしか量れないっつうのもある(笑)。そんなこんなで、今回は石けんが500gなので、6gの苛性ソーダを水30gに溶かしたアルカリ水を用意しますた。



この500gの石けんをお鍋に入れて約500ccのお湯を足し、弱火にかけて混ぜながら溶かし始めます。しばらくかき混ぜているとトロトロの水あめ状態になってきます。

onabe-2.jpg onabe-3.jpg

しかし、ここで早くもマッシュポテト状態に近くなってきてしまったのでもう少しお湯を足して生地を緩めて更に混ぜ混ぜしまふ。



石けんのツブツブもあらかた無くなってきたところで用意しておいた苛性ソーダ水を少しづつ足して更にかき混ぜます。
30分ほど火にかけたでしょうか。加熱しながらのホットプロセスなのでこれでもけん化が進んでいるはずです。
しばらくすると、また水分が飛んでいってネットリとマッシュポテト状態になってきたのでここで塩析に入ります。

用意しておいた精製塩100gをお鍋に少しづつ入れていって更に混ぜます(火にかけたまま)。塩析するには石けんの10~20%くらいの精製塩が必要ですが、自分の経験からいうと10%だと少なすぎて結局塩析の回数が増えるし、20%より多いと塩分の残留が多すぎるように感じるので今回はこの量にしてみますた。

onabe-4.jpg onabe-7.jpg

塩を入れてからかき混ぜていると、だんだん水分とフワフワのせっけん成分とに分離していきます。ネットリしていたマッシュポテト状態から「どこにこんなに水分が残ってたの?」って思うくらい茶色い水が出てきます。

onabe-8.jpg onabe-9.jpg

更に続けていると、まるで車麩をお出汁で茹でてふやけさせたモノみたいな状態になってきます(笑)。石けん成分がほぼ上部に浮き上がってきたところで一旦火を止めて冷まします。温度が下がってくるとフワフワだった石けん成分がだんだんカチカチに固まってきます。



この時期は寒いので、鍋ごと玄関に置いてしばらく放置しておいたらあっという間に鍋が冷えてくれました。
ゆりくまさんのマネをしてシリコンべらごと鍋に突っ込んでおいて固まった石けんを持ち上げてみますた(笑)。



石けんを取り出した後の水分は汚い茶色い水でオプションで入れていた粉モノも沢山沈殿していますた。



この時点での石けんはまだまだ白いとは言えず、ベージュというか薄い茶色いカタマリだったので、塩析をもうワンセットやることにしますた。

鍋に残っていた汚い水分を捨て、先ほどの固まった石けんを鍋に戻し、またまたお湯を500cc足して加熱しながら溶かしていきます。
しばらく弱火にかけて混ぜていると、さっきよりもなめらかにクリーミーにトロトロになってくれますた。

onabe-13.jpg onabe-14.jpg

ここにもう一度精製塩100gを入れて混ぜます。再びぶよぶよのフワフワした物体が浮かび上がってきます。



石けんが分離したら火を止めて再び冷まします。固まった石けん、さっきより大分白くなってくれました。2回の塩析で結構余分な成分を排除出来たので、今回のリバッチ&塩析はここまでとします。

onabe-16.jpg onabe-17.jpg

onabe-18.jpg

これが2回の塩析を経た石けんです。裏返すと汚れた水分に接していたいた部分にアクっぽい灰色の汚れがまだ付着しています。

onabe-20.jpg onabe-21.jpg

この石けんのカタマリを崩して、炭酸塩150gを足して混ぜ込んでいきます。

onabe-22.jpg onabe-19.jpg

onabe-23.jpg onabe-24.jpg

あらかた細かくして炭酸塩を混ぜ込んだらしばらく乾燥させます。本当は箱に紙をひいてその上に広げたりした方がいいのだけれど、今の時期うちの中がムチャクチャ乾燥しているのでボールにいれたまましばらく放置。ホコリ避けに三角コーナー用の不織布袋をかぶせておいて、ときどき混ぜ混ぜしてやりました。



1週間ほど放置した後、電動ジューサーにかけて粉末状態にしますた。楽チン楽チン(笑)。これで炭酸塩20%の粉石けんの出来上がりです。

onabe-27.jpg onabe-28.jpg

onabe-29.jpg

早速お洗濯もしてみますた。これは低水位で作った粉石けんだけ入れて回したところ。泡立ちも洗いあがりも問題茄子。



ちょっと長いレポートになってしまいすんまそん。
でも、この方法本当にいいですよ~。もし今まで「塩析やってみたいけどメンドクそ~。でも石けんも溜まっちゃってどうしよ~」ってソーパーさんには是非オススメしますですよ。
あっしは今回2回塩析しましたが、1回だけでもかなり粉モノ取れるし、粉末にしなくてもバラバラに崩した状態のものを熱湯で溶かして使うだけでも、過剰油脂入りの石けんでお洗濯するよりかなりスッキリすると思いまふ。

いつか廃油石けん作れる機会があったら、そのときにもやってみたいと思いまふ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
出~た~!電動スライサー!!
いつか誰かが買うと思ってましたし私も欲しい!(笑)
前にやったとき、二回目の塩析で冷えるまで放置しなかったので、フワトロのまま濾して大量にザルから脱走されました、なるほど固まるまで冷やせばいいのか~
どうも性格が短気なものでじっくり待てないお茶目なワタス
シショーのお陰で次回塩析への機運も高まりました
丁寧なレポありがとーごぜぇやす~!
2008/02/01(金) 02:30 | URL | 砂ねこ #jyoitXs6[ 編集]
チカラいらずで大量に作れちゃうのがツボです!
ってそれだけなんですが。

やっぱり暗黒系石鹸が多いと色粉が残りますね。検討課題にしておきます。(サンプルがないけど)
もっと水と応分の塩を増やしてやればかなり違うと思うのですが、鍋の大きさとの戦いになるかな。

この作業で深い鍋がほしくなったので、今からIKEAに行ってきます(笑)
2008/02/02(土) 10:00 | URL | ゆりくま #VwWRwSIk[ 編集]
>砂ねこさん
ぐふふ。一番大変な石けん削る作業はちょっと手抜きいたしましたわん。もうすこし慣れれば、この電動スライサーでガンガン石けん削っていけると思います。でも言い訳すると、別に石けん用に買ったわけではなかったんですがねえ(笑)。
塩析後の石けんは冷えるとビックリするほどカチカチになりますわん。柔らかいままだと確かにザルから逃げちゃうかも。今度は玄関直行でどうぞ(笑)!

>ゆりくまさん
うほほ。さすがだ~!塩析専用お鍋購入?うちにもパスタ用の寸胴鍋があるんですが、どうもアルミ鍋っぽいので石けんをホットプロセスするには躊躇がありまふ。アルミはアルカリには使わない方がいいんだよね?あのちっこいスチール鍋だと500gが限度かな~。確かにもうちょっと水分と塩増やして作業すれば1回でも結構キレイになりそうですねえ。あっしも今度IKEAで鍋見てこよう(笑)。
2008/02/02(土) 15:44 | URL | toakon #-[ 編集]
ここにコメント投稿したのに、菱餅の記事の過去のコメントが上書きされた!!
(途中で一回エラーが出たけど。cookieのイタズラ?)

菱餅のほうは何書いたのかもう覚えてません。ごめんね。
もう一回書くのが面倒なのでそちらへ見にいってね。
2008/02/02(土) 17:53 | URL | ゆりくま #VwWRwSIk[ 編集]
>ゆりくまさん
ありゃりゃ。ホントだ。1年前の記事にいただいたコメントが上書きされてますね。お手数おかけしてしまって申し訳ありません。
ちょっとFC2の管理フォーラムざっと覗いたら似たような不具合で来訪者さんが書き込めなかったりしてる事例があるみたい。あっしの方でもちょっとテストとか原因究明してみたいと思います。もしまた同じような現象が起きたら教えてくださいね
2008/02/03(日) 05:57 | URL | toakon #-[ 編集]
わ~!すっごい分かりやすいです。
粉石けん、とっても気になっていました。つくるときはこの記事、印刷してチャレンジしたいと思います(笑)
taokonさん、丁寧なレポをありがとう~。
俄然、作ってみたくなってきました^^
2008/02/04(月) 00:46 | URL | マロン #-[ 編集]
マーブル実験室でお世話になったオカンです。

オカンも先日やりました!!
オカンはリバッチも塩析もやったことなかったので、どれもこれも初めての作業だったのですが、ゆりくまさんの記事を見ながら、アレ入れて~、こう混ぜて~、そしたらコレ入れて~、とやっていったら見事に粉石けんが出来ました!!
もう酸化も失敗も怖くない!
toakonさんの出来上がりは、お写真見るとちゃんと白そうです。
オカンはピンクでした・・・
2008/02/04(月) 09:40 | URL | オカン #-[ 編集]
>マロンさん
ホント、ゆりくまさんのおかげです。いつもは洗濯用の石けん(とかはじっこ石けん)を前の晩くらいに熱湯で溶かしてから洗濯していたんですが、粉石けんだとその手間が要らないし便利です。しかも短時間で出来るので気楽にできるし。是非是非やってみてくらはい。

>オカンさん
おお、FC2の方にもブログ立ち上げたんですね。あとでちゃんと訪問したいと思います。うちの粉石けんも結構グレーがかってますよ~(笑)。
そうそう。オカンさんがお悩みの粉石けんの量ですが、あっしは1回回すごとに結構な量入れてますよ~。高水位だと100g近くくらい入れてるんじゃないかな~?そうしないと泡立ちがイマイチです。
2008/02/05(火) 12:49 | URL | toakon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toakon.blog33.fc2.com/tb.php/246-1b681ebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。