不良主婦の不定期日記。パンダ、手芸などなど気まぐれに。 最近は石けん作りに夢中でふ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日書いた、物欲万歳!職業ミシン編その1の続きです。

その後、ネットショップのミシン屋さんに問い合わせしつつ、ミシンを扱っている実店舗に見に行ったり、GW前後に開催された大きな2つの手芸ショー(赤プリで毎年開催されているキルト展「和で遊ぶ布の祭典」とホビーショー)でミシン・メーカのブースを覗いたりして、自分が欲しい機種に一歩一歩近づいていきますた。
そして遂に候補を2機種に絞り込み、このうちのどちらかを買うことに…。


■JUKI 職業用ミシンSL-280EX

JUKIの職業用ミシンの現行品の中では最新の上位機種。
新宿の某ミシン屋さんにあることを調べておいたのでまず見に行ってみますた。そこのミシン屋のおっちゃんが親切だったので色々聞いてちょっと触らせてもらいました。自動糸切り、工業針は当たり前として、縫い速度が200~1500針/分っていうのが初心者のあっしには魅力に感じました。スピードコントロール・スイッチを一番遅くすると、思い切り踏み込んでも200にしかならないのよ。細かいところとか慎重に縫いたいところはこのくらい遅く縫えるのがありがたい。そして押さえが最大12mmまで上げられる。カバンとか分厚いもの縫いたいときもあるので、これもポイント高いっす。ふむふむ。第一印象はバッチリ。
そんでホビーショーに行ったとき、JUKIのブースでこの機種をつかったポーチ作りのワークショップがあることが分かったので参加。30分ほど触って使い心地を体感できますた。思ったより意外と静かで、やっぱなかなか使いやすい。そして日本製であることも確認。
↓これがそのとき作ったきんちゃく型ポーチ。オマケにレースもいただいちゃった。

Image034.jpg


■ジャノメ高速直線ミシン780HX(ジャノメ直営店機種)

あっしが最初にお問い合わせしたミシン屋さんが強力にオススメして下さった、HS-80(全国ミシン商工業協同組合連合会オリジナル機種)と型番が違うだけで中身は同じミシン。ついでにいうとその後の調査で、780DX(代理店機種)、コスチューラ767DX(旧型)、アニュドールY2000DX(某手芸店オリジナル型番)、シンガーハッピー103DX、(株)ジュ-キEP9500、などなど型番が違うだけで中身はほぼ同じであることが判明(デザインやカラー、一部部品の材質などは多少違うらしいっす)。いわいるOEMってヤツです。調べれば調べるほど、見た目は同じなのに違う型番がゾロゾロ出てきちゃったから不思議だったんですが、謎が解けてスッキリしますた。
これについては、最初新宿の某手芸店で、ジャノメの特約店機種の780DB(DXの自動糸切りがないタイプ)を触ることが出来ました。フットコントローラーが丈夫な作り。縫いやすさも特に問題なし。上のJUKIの280にもついているのですが、こちらの機種にも糸のより戻しによるよじれを防止する機能がついています。両機種ともここの部分はオススメ機能のひとつらしい。
GWの手芸ショー2つでジャノメのブースも出ていましたが、残念ながらこの機種を使ったワークショップはなし。でも営業マンの方にちょっとだけお話を聞くことは出来ました。そこで分かったのは、過去の型番に比べると部品を改良してあってかなり丈夫で静かにすることが出来たということ。ただし、製造時期によって日本の工場だけでなく、台湾の工場で作っている場合もある。とのことでした。
ちなみに、ネットで親切に対応してくださったミシン屋さんがHS-80をプッシュして下さったのは、ミシン本体以外の付属品が色々ついていてお得だということもありますた(押さえの種類が通常機種より豊富)。


ってことで…。
ぶっちゃけ言うと、どちらを買ってもミシンを使用することにおいては多分同じくらいの満足度が得られると思いますた。付属品の多さからいうと、ジャノメの方がややお買い得です(JUKIのだと押さえなど追加注文しないといけない)。それと押さえ針板もジャノメの方は、形状が純正品以外の他の工業用のアタッチメントも対応可能らしい。
でも、あっしは結局JUKIのSL-280EXの方を選びました。
決定打になったのは、実機のワークショップを受けることが出来て、使いやすさを実感出来たことが大きいっす。

前出の親切なネットのミシン屋さん(楽天のミシンアシストさん)で両機種とも取り扱いがあることが分かっていたので、買うならここで。と最初から決めていたので、どっちの機種を選んでもいいや。とはじめから思っていました。
ただ、ショップがオススメして下さった方の機種を選ばなかったのには、調査中に地元の直営店の電話対応があまり親切でなかったこと、直営の営業マンの方と話したときに、小売店の方ほどの熱心さを感じられなかったことは無関係ではない。ということはありまふ。まあ縁が無かったのかもしれない。

ミシンは本来、地元のアフターのいいお店で買うのが理想。
ただし、今はネットショップなどでも顧客を大切にしている営業熱心なお店もあるので、そういうお店に巡り合えたらそこで買うのもひとつの選択肢だと思いますた。

それと、今回の購入には全く関係ないけれど、上記の手芸ショーでベルニナのブースでフリーモーション・キルトを体験。それとジャノメの刺繍ミシンの性能の凄さも見てきました。そのとき縫ったのがこちら↓。



どちらも定価だと30万以上する高級機種だったけどね(汗)。まあ、多分購入には縁が無いけれど、なかなかこういうものに触れられる機会はないので楽しかったっす。

ってことで。早速ミシンは注文しますた!届くのが今から楽しみです。枠枠。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うっひゃ~♪ すごいすごい!
もう布職人まっしぐらですね!
縫い速度がすごく遅いことと(職業ミシンでこんなに遅いのがあるんですね~)
布押さえが12mmまで上がる、てことに驚きました
ミシンが届いたら、買いためた布地で脳がショートするまで縫ってください
私もちょいと影響されて出掛けたついでに布を買ってきました(笑)
マガジンラック作ろうと思ってます~♪
2008/05/20(火) 01:33 | URL | 砂ねこ #jyoitXs6[ 編集]
お決めなさった!
うふふ。
次回お会いした時に、ミシン談議ができそうですな。
楽しみ、楽しみ。

メールありがとうございました。
上札検討中でございます。
2008/05/23(金) 00:18 | URL | くろぱん #-[ 編集]
また新たな作品を見るのが楽しみです!
刺繍に興味津々なのですが、いつもやってみるまでに時間がかかるんです…。石橋を叩きすぎて、気づくと置いてけぼりなんです。妹の方がテキパキいろいろな事やってるんですよね…。だからいつもトロいと言われてしまいます。
2008/05/23(金) 00:55 | URL | つぁい #-[ 編集]
>砂ねこさん
ぐふふ。ぐふふ。遂にミシンが届きますたよ。また別記事にて後日ご紹介しますね~。布って色々見ているだけでも楽しいよね。マガジンラック完成したら是非是非ブログで紹介してくださ~い。見たいよ~。


>くろぱん部長
結局、部長とおそろいのJUKIにしますた。膝上げバーもついてたよ。まだ箱から出したばかりですが、試し縫いするのが楽しみです~。
来週、帰郷しますんでタイミング合えば是非飲みましょう!
2008/05/23(金) 01:24 | URL | toakon #-[ 編集]
>つぁいさん
刺繍の世界も奥が深いよね。実は最近、洋裁を習い始めました。基本的なことが分かってなかったので目からウロコの連続です。でもとっても楽しいっす。習い事はいくつになって始めても遅いことはないとは言うけれど、もっと若いときからやってればな~。とか思っています。つぁいさんは若いから、やりたいことあればどんどんチャレンジして欲しいっす~。
2008/05/23(金) 01:34 | URL | toakon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toakon.blog33.fc2.com/tb.php/283-a9e11f57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。