不良主婦の不定期日記。パンダ、手芸などなど気まぐれに。 最近は石けん作りに夢中でふ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運十運年ぶりに札幌市円山動物園へ。

maruyama1.jpg
すっげーナツカシス!小学生の頃の遠足も中学生のときのデートもここにでした。

maruyama2.jpg maruyama3.jpg maruyama4.jpg
園内のふれあい動物コーナーは、べーべー&がーがー。マレーバクはじょぼじょぼじょぼじょぼ………。

maruyama6.jpg maruyama7.jpg maruyama5.jpg
オラウータンは展示の仕方が工夫されていて見ていて楽しかったっす。でもひとりぼっちでちょっと寂しそうでした。子チンパンは可愛かった。ぼっこ(棒)で上手に穴の中の蜜をなめていますた。そして…ゾウは昨年老齢で亡くなってからいないのでした。寂しいなあ…。


旭山動物園のように広くて活気のあるところと比較してみると、どうしても寂しい感じは否めない。財政難であるとも聞いているし…。ここだけの問題ではないけれど、地方の動物園を取り巻く環境というのは相当厳しいのだなあと、実感いたしました。
動物園は研究や繁殖施設であると同時にエンターテインメント施設でもある。そのどちらにも偏りすぎるべきではないと感じていましたが、自分が子供の頃に慣れ親しんだ古い施設の現状の厳しさに少し心が痛みますた。
これも人間が野生動物を身近で見たい、感じたいというエゴのツケのひとつなのだなあ。動物園を愛する者として、その責任はわしらにもあってずっとずっと見守っていかねばならんのだ、とことさら思いますた。
また来るよ~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おかえり~
円山、あのヒナビタ感じ、あれはあれで私は大ファンですぞ
バクもきゃわいいし!
そらそと、また飲みにいきませう
2008/06/04(水) 01:04 | URL | pyongpyong #EGTCt1XI[ 編集]
バク大爆笑~!(爆!)(笑) 泡だってますね?(笑)

子供の頃は親も呆れるほど動物園・水族館・ペットショップが好きでした
旭山動物園の脚光とともに注目されている動物園ですが
地方に行くと現実は厳しく、動物達の環境も悪い…
様々な要因が絡み合って解決は難しいですね~
せめて動物達が少しでも過ごしやすくと願わずにいられません
ところで中国のパンダ、今はどうしているのかとても気になります~
2008/06/04(水) 18:10 | URL | 砂ねこ #jyoitXs6[ 編集]
>ぴょんちゃん
この記事書いといて何ですが、確かにひなびた施設にはひなびた施設なりの良さがありますよね。行ったののは月曜日だったのですが、小さい子連れや遠足の小学生なども結構来ていて、やっぱここは今も昔も札幌市民にとって大切な思い出作りの場所なのだなあ、と気持ちが和んだ部分もありますた。
梅雨をぶっとばすためにも是非是非飲みませう!


>砂ねこさん
動物園に行くと楽しい気持ちと悲しい気持ちと両方感じることがよくありまふ。全部人間のエゴ故なのよね。そういうことも全部ひっくるめてこれからも動物園を愛し続けていこうと思いますた。
中国四川省の地震の報道映像には本当に言葉がありませんでした。パンダの保護施設もかなりの被害を受けている様子で今後のことも含めとても心配です。でも中国人は世界一たくましい人たちでもあるので、そのバイタリティで今を生き抜いていって欲しいと思います。もう少し混乱が治まったら、保護施設の復興支援のサポートもしたいと思っています。
2008/06/04(水) 19:06 | URL | toakon #-[ 編集]
>砂ねこさん

追伸:マレーバクねえ、急にぐるっとお尻向けたかと思ったらものすごい勢いでものすごい量のゴールデンシャワーショー(爆)だったのよ!「じょんじょろじょんじょろじょぼじょぼじょぼ」って(笑)。ますますマレーバクが好きになりますた。
2008/06/04(水) 19:10 | URL | toakon #-[ 編集]
バクって可愛いですよね~、鼻の短い象さんみたい~♪
シショーが強く惹かれるのは白黒が影響していたりして(笑)
抱きついてスリスリしてみたいっス
2008/06/08(日) 04:42 | URL | 砂ねこ #jyoitXs6[ 編集]
>砂ねこさん
本当にバクって可愛いよね~。マレーバクは小柄で白黒で目が青いところがお気に入りだったりしまふ。でも普通の大きいバクも好きです。上野にいるバクさんは、飼育員さんからデッキブラシで背中をゴシゴシされると恍惚の表情(笑)を見せてくれてとっても和みます。
2008/06/09(月) 14:45 | URL | toakon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toakon.blog33.fc2.com/tb.php/292-d82a863d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。